仮想通貨の税金を自動計算してくれるツール紹介!おすすめアプリとソフトまとめ

仮想通貨人気が高まっており、2017年には億り人と呼ばれる大きな利益を出した人も多いといわれています。

いくつもの仮想通貨を扱ったり国内外複数の取引所を開設するなどして、より多くの利益を得るための情報も飛び交っています。

利益に伴って発生するものが税金ですが、複数の取引所などを扱っていると全体でどれだけ利益が出ているのかわかりにくく、税金計算も複雑化するという難点もあります。

税理士に依頼すれば費用がかかり、確定申告の時期に頭を抱えてしまう人も少なくありません。

このような時は、自動計算ツールが便利です。損益、税金計算、確定申告のために役立つ便利ツールをご紹介します。

3種類のツールを使い分け

3種類のツールを使い分け

仮想通貨の税金計算に便利なツールには、大きく分けて3種類あります。

  1. 損益を算出するもの
  2. 損益を計算し、それに対する税金を算出するもの
  3. 払うべき税金額を算出の上、確定申告の書類作成まで可能なもの

仮想通貨取引と一言で言ってもその範囲は広く、国内取引所で単純取引のみという人から、複数の種類の仮想通貨を扱う人、大きな金額を扱う人、複数の海外取引所を利用する人など様々です。

ひとつの仮想通貨だけ扱っているなど比較的単純な取引のみを行い、さらに確定申告にも慣れているという人は、無料や低価格のツールを利用して税額計算まで行い、自分で確定申告をすることで、費用を抑えることができます。

これに対し、複数の種類の仮想通貨や、複数の海外取引所を利用している、所得額が大きい人などは、損益計算や税額計算は複雑になります。

間違いのないよう、確定申告まで対応可能なツールやサービスを使って、安全確実に納税まで済ますと安心です。

仮想通貨の税金計算ツール・サービス

1.(有料)CryptoLinc 仮想通貨取引収支計算・一括管理システム

1.(有料)CryptoLinc 仮想通貨取引収支計算・一括管理システム
仮想通貨取引に精通した税理士たちが開発に携わった収支計算システムです。“正確で安全な申告・納税の実現”をサポート。計算方法は、移動平均法、総平均法を選択できます。
料金:3,980円
対応取引所:Zaif,Coincheck,bitFlyer

2.(有料)Coin Tool 仮想通貨の確定申告用計算ツール

2.(有料)Coin Tool 仮想通貨の確定申告用計算ツール
取引履歴データから仮想通貨の損益計算が可能。スタッフや税理士によるメールサポ―トが受けられ、安心なサービスです。
料金:4,500円
対応取引所:Zaif,bitFlyer,Coin check,bitbank

3.(有料)Coin Tax Service 仮想通貨専門のトータル税務サービス

3.(有料)Coin Tax Service 仮想通貨専門のトータル税務サービス
仮想通貨だけでなく資産運用などお金の悩みまで幅広くサポートするサービス。仮想通貨に精通した税理士や専門家が提携し、確定申告を含んだ税務代行、節税相談、資産運用まで総合的な対応が可能です。有料の税務処理代行、確定申告代行から、節税、見積もり、税金などに関する無料相談サービスもあります。
料金:49,800から
対応取引所:Zaif,bitFlyer,CoinCheck,bitbank,BITTREX,Poloniex,KRAKEN,HitBTC,QUOINEX,GMOコイン,BITFINEX,BINANCE,BTC BOX,Yobit.net,Changelly

4.(有料/無料)freee for 仮想通貨 仮想通貨の確定申告サポートツール

4.(有料/無料)freee for 仮想通貨 仮想通貨の確定申告サポートツール
クラウド会計サービスでおなじみのfreeeによる仮想通貨の確定申告サポートサービス。取引履歴をデータ取り込みするだけで損益の計算ができます。ただし損益計算は売買利益のみで、仮想通貨で支払いをした時や、ハードフォークやマイニングで増えた時の損益は計算できません。クラウド会計ソフトfreeeと併用することで、確定申告書類へ反映することができます。計算方法は総平均法で、レートはbitcoinchartsのレートを基準としています。
料金:無料・有料(プランにより異なる)
対応取引所:bitbank,bitFlyer

5.(無料)G-tax仮想通貨の取引履歴を加速

5.(無料)G-tax仮想通貨の取引履歴を加速
仮想通貨取引による所得計算サービスツール。メールアドレスで無料登録することができる便利なサービスです。海外取引所での取引分も日本円に換算して計算可能です。
料金:無料
対応取引所:Zaif,bitFlyer,Coin Check,bitbank,BITTREX,Poloniex,KRAKEN,Hit BTC,QUOINEX,BITFINEX,BINANCE,Yobit.net,Changelly

6.(無料)TAXCRYPTACT 仮想通貨を次のステージへ

6.(無料)TAXCRYPTACT 仮想通貨を次のステージへ
仮想通貨間の取引も含めて損益計算サービスを提供します。15の取引所、1,680の通貨種類を取り扱い、マイニング報酬にも対応。ドル建て、ユーロ建ての取引計算、米国税制に従った計算も可能です。計算方法は、FIFO, LIFO,移動平均法、総平均法(β)のいずれかとなっています。
料金:無料
対応取引所:Zaif,bitFlyer,bitbank,KRAKEN,Poloniex,BINANCE,BITTREX,HitBTC,Changelly,CoinExchange,Cryptopia Trades

7.(無料)BitTax 仮想通貨の税金計算サポートツール(ベータ版)

7.(無料)BitTax 仮想通貨の税金計算サポートツール(ベータ版)
Zaif、bitFlyer、CoinCheckを対象にした取引の損益計算ツールです。国内取引所をメインに扱う人をターゲットとしており、各取引所の取引履歴をアップロードすることにより損益を概算してくれる、シンプルで扱いやすいツールとなっています。仮想通貨に係る税金に関するコラムが人気で、役立ちます。
利用料:無料
対応取引所:Zaif,bitFlyer,Coin Check

8.(β版時無料)Keiry 仮想通貨の簡単会計サービス

8.(β版時無料)Keiry 仮想通貨の簡単会計サービス
国内外の取引所を対象とし仮想通貨取引の損益を計算してくれるサービスです。取引所口座・ウォレットの登録をすることで、自動にて、円建ての月別損益や残高レポート、取引所口座やウォレットのCSVが出力されます。計算方法は移動平均法か総平均法のいずれかとなっています。
料金:β版の期間は全て無料
対応取引所:Coin Check,Zaif,Poloniex,TREZORBTC),Copay(BTC),イーサリアムアドレス,custom

9.(無料)仮想通貨の確定申告相談窓口

9.(無料)仮想通貨の確定申告相談窓口
OKWAVEが運営する無料相談サイトです。損益などの計算ツールではありませんが、複雑な仮想通貨や確定申告に関して、気軽に無料で様々な相談ができる有難い窓口です。基本的な内容の質問や一般的な質問は無料で対応してくれますが、自分にしか当てはまらない特殊な内容であると、有料の場合があります。税金計算から確定申告まで無料で済ませたいという人は、TAX CRYPTACTなどの無料ツーㇽで損益計算を行い、こちらで細かな相談をしながら進めることもできます。
料金:無料
対応取引所:–

仮想通貨の確定申告はどんなときに必要?

仮想通貨の確定申告はどんなときに必要?

さて、仮想通貨取引に係る確定申告は、どのような時に必要なのか考えてみましょう。

仮想通貨取引で利益を得る人の中には、2パターンが考えられます。

  1. お給料が主な収入で、副業として仮想通貨取引を行う
  2. 仮想通貨取引だけが収入

サラリーマンのように、「源泉徴収されている給与収入」があり、副業として仮想通貨取引を行っている人は、1に当たります。

学生でも、もしアルバイト代が多く源泉徴収されており、さらに仮想通貨取引を行っていれば同様です。

仮想通貨による利益は雑所得に分類されますが、雑所得としての所得が20万円以上の時には確定申告をしなければなりません。

すなわち、副業としての仮想通貨による利益が20万円以上あれば、申告の義務があります。

収入は仮想通貨取引による利益だけという人は、2です。

これは、学生や主婦などがアルバイトやパートを行いながらも、その収入が65万円以下、つまり「給与所得」がゼロの場合も含まれます。

この場合は、仮想通貨の利益が38万円以上の時に、確定申告が必要になります。

なお、個々の収入の状況によっては、支払うべき税額がゼロとなる場合もあります。

しかし、仮に支払うべき税金がなくても、上記に当てはまる場合は確定申告をすることが義務となっています。

まとめ

まとめ

仮想通貨取引がブームとなっており、2017年には大きな利益を出した人も多いといわれています。

仮想通貨での利益には税金がかかるため、確定申告をしなければなりませんが、税金計算は煩雑です。

特に、海外取引所など複数の取引所を開設し、いろいろな種類の仮想通貨を取り扱っていると、果たして全体で利益がでているのか?損益が出ているのか?わからなくなりがちです。

そのような時のためにご紹介したようなサービスが開発されています。

納税や確定申告は避けて通れませんので、ぜひこれらの自動計算ツールを活用してみてはいかがでしょうか。