仮想通貨チャートの雲(一目均衡表)ってなに?

仮想通貨取引を行う時、チャートを見ながら通貨の値動きを予測するテクニカル分析が役に立ちます。チャートの分析法はいろいろありますが、そのうちの一つが一目均衡表です。

一目均衡表は、昭和初期に日本人が開発した日本人の誇りともいうべき指標ですが、その中で、「雲」という言葉が良く使われます。一目均衡表の「雲」とは一体なんでしょうか?

今回は、仮想通貨チャートの雲について、そして一目均衡表の見方も合わせて、解説していきます。

一目均衡表とは?

一目均衡表とは?

一目均衡表は、様々な投資で使われているチャート分析法のひとつです。

1936年、細田悟一さんという方が発明したもので、彼のペンネーム一目山人(いちもくさんじん)にちなんで、このように呼ばれるようになったそうです。

この日本人が発明した一目均衡表は世界中で認められ、「Ichimoku」の通称で現在でも幅広く利用されており、メタトレーダー4などのチャート分析ソフトにも取り入れられています。まさに日本の誇りともいえる指標なのです。

一目均衡表は、その名通り「一目」で売り買いのタイミングを見極めることができる、素晴らしい分析法で、これを身につけることは仮想通貨取引においても大変有益です。

一目均衡表の線

一目均衡表の線

一目均衡表を見るといろいろな線が取り込まれ、チャートがより複雑で難しく見えます。

一目均衡表で使われている線は全部で5本あり、これらの線はある計算方法により算出された数値から成り立っています。この5本の線の動きからチャート分析を行います。

転換線:(過去9日間における最高値+同最安値)÷2
基準線:(過去26日間における最高値+同最安値)÷2
先行スパン1:{(転換値+基準値)÷2}を(当日を含めた26日すなわち)25日先にプロットしたもの
先行スパン2:{(過去52日における最高値+同最安値)÷2}を(当日を含めた26日すなわち)25日先にプロットしたもの
遅行スパン(遅行線):(本日の終値)を(当日を含めた26日前すなわち)25日前にプロットしたもの

これらの線の動きを分析することにより、上昇トレンド、下落トレンド、売り、買いのタイミングなどを分析することができます。

一目均衡表の雲とは?

一目均衡表の雲とは?

さて、一目均衡表を使う時、頻繁に「雲」という表現が出てきます。

この「雲」とはいったい何を表しているのでしょうか?

「雲」とは、先行スパン1と先行スパン2に囲まれた部分のことを指しています。上のチャートでは、薄緑とピンクに塗りつぶされている部分です。(チャートによって雲の色は異なります。)

先行スパンは未来を予測する線で、それにより作られた雲は、相場の動きに対する抵抗を意味しています。

雲の厚さが厚ければ抵抗が強いことを表しており、トレンドが逆転しにくいと考えられます。

雲の厚さが薄ければ抵抗が弱いことを表しており、トレンドが逆転しやすいと考えられます。

薄緑とピンクの雲は、何か違いがあるのか?

薄緑とピンクの雲は、何か違いがあるのか?

一目均衡表の雲は、先行スパン1と2の動きによりできます。この先行スパン1と2が一旦交わり、また離れていく瞬間があります。

この交わった点を、「雲のねじれ」と呼びます。雲がねじれる瞬間は、抵抗がほとんどありません。

そして、雲のねじれが発生したとき、トレンド転換が起こるといわれています。

雲がねじれるとチャート上ではその後の雲の色が変わります。つまり、雲の色の違いは、トレンドの違いを表しています。

一目均衡表で注目すべきポイント

一目均衡表で注目すべきポイント

一目均衡表では、上で説明した5本の線の動きを見ながら、仮想通貨の値動きの分析に役立てるものですが、チャート分析をする上で、注目すべきポイントがいくつかあります。

これらのポイントをしっかりとマスターし、買いのサイン、売りのサインをばっちりと掴みましょう。

ローソク足と雲の位置関係

まずは、ローソク足と雲の位置を見てみましょう。ローソク足が、雲とどのような位置関係にあるかを見ることでその時のトレンドがわかるといわれています。

ローソク足が雲より上に推移している時は「上昇トレンド」、下に推移している時は「下落トレンド」とみることができます。

そして、引き続きローソク足の動きに注目してみると、雲に突入する時、そして雲から突き出てくる時があります。

ローソク足が雲に突入する時を、「これからトレンドの転換が起きる」という目安とすることができます。

そして、そのローソク足が雲から上に突き抜ければ「上昇のサイン」。これから上昇トレンドに入ることが予想され、買いのサインとなります。

ローソク足が雲から下に突き抜ければ「下落のサイン」。これから下落トレンドに入ることが予想され、売理のサインとなります。

上記の雲についての記述で、雲が厚ければ抵抗が強い、雲が薄ければ抵抗が弱いということを述べましたが、これは、相場の抵抗ラインといわれ、抵抗が強いほど相場の反転が難しいということを意味しています。

厚い雲は、大幅に上昇や下降をする勢いなければ突き抜けることができないということで、大変よく考えられているものだと思います。

転換線と基準線の位置関係

次は、転換線と基準線を見てみましょう。

基準線は中期のトレンドを示す線です。基準線が上向きなら上昇トレンド、下向きなら下落トレンドを表しています。

この基準線に、転換線が交わると「相場の転換」が発生するとされています。

転換線が基準線に下から交わり、上に突き抜けた時、そのポイントを「好転(ゴールデンクロス)」と呼びます。これから上昇トレンドが始まるという意味で、「買い」のサインとなります。

これに反し、転換線が基準線に上から交わり、下に突き抜けた時、そのポイントは「逆転(デッドクロス)」と呼ばれます。これから下落トレンドが始まるという意味で、「売り」のサインとなります。

遅行線とローソク足の位置関係

遅行線とローソク足の位置関係からも、相場を予測することができます。

遅行線がローソク足を、下から上に抜いていく時があります。これは「好転」です。相場が強気に流れる傾向が読み取れ、買いのサインとしてされています。

逆に、遅行線がローソク足を、上から下に抜いていく時は「逆転」です。相場が弱気に傾き、売りのサインとされています。

一目均衡表とその他の指標を比較して

一目均衡表とその他の指標を比較して

一目均衡表を理解することで、値動きの予想をつけることができますが、他のテクニカル分析法と同じ様に、全ての予想が当たるということはありません。

通貨の値動き予想は簡単ではなく、時に予想に反し全く逆の方向へ動く可能性も当然あります。

一目均衡表と合わせて、その他の指標とも合わせて確認し、安全な取引を行いましょう。

まとめ

まとめ

仮想通貨のチャートの分析方法に、「一目均衡表」という方法があります。

これは、ニックネーム一目山人という日本人が開発したもので、世界中で認められ、株やFX、そして仮想通貨の分野でも使われているものです。

近代的なテクノロジーが発展した現在でも、1936年昭和初期に発明された手法が活用されているとはすばらしいことです。 

一目均衡表の分析では、ローソク足、雲、転換線、基準線、遅行線などの動きを組み合わせ、売り、買いのタイミングを見極めていきます。

線が多くてはじめは難しいものですが、これをマスターすることで、相場の流れをより理解することができるでしょう。分析法の一つとして、知っていて損はない手法です。